バストアップ体操ならこれ!大胸筋に効く胸を大きくするバストケア

バストアップ体操はバストアップサプリのような副作用の心配がなく自宅でセルフでできることから数年前から人気が続いています。中でもどんな体操や筋トレが胸を大きくするのに効果的か、バストアップのために大事な事などを調べてみました

  • TOP PAGE
  • バストアップに有効といわれるツボを、刺激してみ

LastUpdate:2017/12/18

バストアップに有効といわれるツボを、刺激してみ

バストアップに有効といわれるツボを、刺激してみるのもひとつの手です。

だん中ですとか天渓、乳根などのツボがバストアップに効果的なツボであると有名なものです。これらのツボを刺激することによって、血の循環が良くなったり、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、即効性があるわけではありません。

バストアップ方法は色々ありますが、手間をかけないで確実な方法であるほど、費用がかかりますし、危険度が高いです。

例えば、豊胸するための手術をしようとすれば、すぐに憧れの胸に近づくことが出来ますが、術後の経過が良くなかったり、気づかれてしまう恐れもあるでしょう。やるなら根気を持つことが大切ですが、出来るだけ地道なやり方で少しずつバストを育てていくのがオススメです。胸が小さい家系のせいではなく、バストアップを妨げるような生活習慣を継続している可能性もあります。まずは、食生活を中心として日ごろの習慣をチェックしてみましょう。その上で、胸を大きくするのに良いといわれることを着実にやってみてください。

一日や二日で胸を大きくすることはできませんが、やり続ければ少しづつバストアップに繋がるはずです。バストを大きくしたくてざくろジュースを買う際は、添加物をあまり使用していない商品や100%天然果汁か確認し見つけましょう。ざくろには体内に蓄積されている余分な水分を排出してくれるカリウムが多く入っているので、むくみの気になる人もに効果があると思います。

バストが大きくなりむくみも解消できたらダブルで嬉しいですよね。バストアップのために豆乳を飲む時間は基本的にいつでも大丈夫ですが、たくさん吸収することにこだわるのなら朝ごはん前がベストです。

朝ごはん前は吸収率が最も高い時間帯なので、このタイミングで豆乳を摂取するとイソフラボンをより多く体の中に取り込めます。

すぐに効果が現れる訳ではないので、毎日飲む習慣をつけるということが大事なポイントとなります。大豆製品を積極的に摂ると、育乳効果の高いイソフラボンの摂取に繋がります。バランスよく栄養をとることに気を配りながら、積極的に摂るようにするといいかもしれません。もっとも、食品だけでバストアップさせるのは、効果を感じとれるまでに何日もかかるでしょう。

バストを大きくしたい場合、ただ単に鶏肉をとればいいという訳ではなく、食べるべき部位というのがあるのです。中でも鶏肉で最もタンパク質を多く含まれているのはずばりササミです。

ササミはタンパク質をたくさん含んでいるというのに、脂肪があまりないのが特徴です。

手軽にバストアップをめざすなら、まずは美しい姿勢を目指すべきということを肝に銘じてください。猫背は代表的な悪い姿勢です。どうしても胸が小さくみえてしまいますし、うまく血がめぐらないので、まだ胸が育つ可能性を閉ざしているのです。

正しい姿勢といってもそれを保つために大切なのは筋力ですが、大切な体作りができないと、大切な胸を支えられないでしょう習慣づくまでの辛抱ですので、いつも姿勢を気にして、正しい姿勢を心がけてください。

バストアップに良い食品には、有名なところで豆乳があります。

「大豆イソフラボン」という成分が豆乳に含まれていて、その働きとして女性ホルモンに似た作用があるのです。

近頃は、豆臭くなくて飲みやすい豆乳も多く研究開発されていますから、豆乳を多く摂ることを心がけるのもよいのではないでしょうか。

とはいえ、豆乳ばかりたくさん飲みすぎるのはよくないので注意しましょう。ご存じない人も多いんですが、ストレスがあると胸を大きくすることの妨げになることがあります。

ストレスのせいで体がずっと緊張している状態から抜け出せず、血行が悪くなります。

血の巡りが悪いということは、バストアップに必要な栄養素が十分に行き届かないということですから、胸の成長にいいものを摂取しても、効果を実感することは難しいでしょう。

一般に、バストアップ効果を期待して飲んでいることが多いのがサプリメントのプエラリアです。このプエラリアというものは、女性ホルモンに働きかけるという話から、女性化したい願望を持った男性も摂取したりしています。

愛用者も多いですがしかし、副作用のリスクもあり、バストアップの効果にも個人差があります。

バストアップに有効な食品と聞くと、有力候補に大豆製品や鶏肉、キャベツなどがありますが、それを信じてひたすら食べたとしても胸が大きくなると確約されたわけではありません。極端な栄養摂取をしてしまうと、せっかく大きくしようとしていたのに効果が表れにくくなってしまうので、そればかり摂ればいいなんて思わず、平均的に取ることが大切です。また、必要な部分に行き渡ってこその栄養ですので血行を促進するとより効果的です。

日々、お風呂に入ることの効果として、必ずしもバストアップに効くというわけではありませんが、浸からないよりは浸かった方がより効果的であることは絶対です。

湯船に入ることによって血のめぐりが促進されるからです。実はバストアップと血行は密接な繋がりがありますので、血行促進によりバストアップにも効果的でしょう。

一番有名なバストアップのためのサプリメントは、プエラリアだと考えられます。

私もプエラリアを購入して摂取しています。プエラリアの効用としては、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌を促進する働きがあるとされていて、それがいいのか、バストのサイズアップに効果があるようです。

サプリメントを飲用しはじめてから、実感としてバストにハリが出てきたような気がしています。肩甲骨の歪みを改善する体操を1年くらい続けることにより、3カップも胸が大きくなった人がいます。

胸の大きさが気になっている人はやってみることをオススメします。

マッサージ、エクササイズやストレッチを行う際には、はりきりすぎないことが大事です。ストレッチは頑張ってやろうとするとかえって悪化することもあります。

あなたが鶏肉を食べてバストアップを考えているなら、ももではなくササミを食べることをおすすめします。もも肉にはタンパク質がたくさんあるのですが、その分脂肪も多くカロリーを考えながら食べないと体型に変化をきたす原因となるため気配りが大事になってきます。

なお、ササミならカロリーのことを考えなくても、食べることができます。

やりやすいようにブラを着用のしている方は付け方はあっていますか?間違った着方をしたせいでバストアップが期待できないかもしれませんブラを正しくつけることで少し面倒ですが嫌な時もあると思います続けてみればバストアップも期待できます正しいやり方でブラをつければバストが上がるのかといえば、大きくなる可能性があるのです。バストというのは脂肪なので、ブラをつけていなければ、お腹や背中といった場所に移動してしまうでしょう。

もっといえば、正しいやり方を守るとブラを着用することによって、お腹のあたりの脂肪をバストとしてしまうことができるのです。世間では、キャベツを食べるとバストサイズがアップするという噂がありますが、本当なのでしょうか?先にいいますとキャベツを食べれば胸をより豊かにする効果が期待できます。

キャベツの中にはボロンというエストロゲンという女性ホルモンと同様の役割を持つ要素が入っています。

胸を大きくすることを望むなら、よく寝ることがもっとも重要です。

バストのサイズがあがるということは、身体が育つってことなので、夜睡眠状態にある間に動き出す成長ホルモンにも頑張ってもらうことが必須です。

しっかり寝る子はおっぱいもよく育つということです。

関連記事

メニュー

バストアップ体操はバストアップサプリのような副作用の心配がなく自宅でセルフでできることから数年前から人気が続いています。中でもどんな体操や筋トレが胸を大きくするのに効果的か、バストアップのために大事な事などを調べてみました

2014 バストアップ体操ならこれ!大胸筋に効く胸を大きくするバストケア All rights reserved.